愛人契約それは・・・

愛人契約それは・・・

MENU

愛人にするならば

世の中の男性にとって密かな願いとなっている事があるのです。
それは愛人を作る事です。
いくら長年連れ添った奥さんがいるとは言え、やはり魅力的な女性が現れると心が惹かれていくものなのです。それが男という生き物なのです。
そんなもし愛人にしたいと思える女性像について掲載していきます。
まず家庭的である点です。
やはり料理の上手な女性は男であれば誰しもが惹かれてしまう存在となっています。
愛人宅に度々押しかける度に愛人の作る料理が美味しければもう相手の男性の心は愛人の物となってしまいます。
男の心を掴んだらもう男の財布も愛人の物となっていくのです。
次に豊満なボディを持っている点です。
やはり愛人を作る一番の目的は若い女性と親密な関係となる事かと思われます。
長年連れ添った奥さんとはもう営みが無くても、年下で豊満なボディを持っている愛人にはやはり欲求が抑えられないものとなります。
そんな豊満なボディに心も体も若返ったような気分を味わえるのです。
次に美しさです。
いくら若い女性であってもそこそこの程度であるならば誰も羨ましがったりしないかと思われます。
しかしそれが美しい女性であるならば誰しもが振り返り「あの人凄く若くて美しい女性を連れて歩いている」と羨ましがられる存在となるのです。
なにより男という生き物は美しい女性が大好きなのです。

多くの男性でもある愛人はそう簡単に作る事は出来ませんが、努力次第で作る事も可能となってくるのです。

私の恋人は精神疾患だった

私が大好きだった恋人がある日突然、眼つき話す言葉、顔つきが変わってしまって突然いなくなりました。
正直、キツネがついた人をテレビで見ましたが、あんな感じです。
自分が、心から愛した人が、あんな凶変するなんて、6年間たっても私は恋人のとの思い出の場所には行けず(PTsd:心的外外傷ストレス障害に苦しんでいます。
彼女は、自己愛性人格、障害強迫症など重なり、究極の自己愛に目覚め、、シングルマザーの環境で育った彼女は、母も捨て、福岡から千葉市へと引っ越していきました。結婚の約束もしたのに何故?この病気が判明したのは、千葉へ引っ越して6か月後の事。
脳の病気で、ドーパミンが異常に排出される病気らしくて、普段は優しく、おとなしい女性なのに、私は、本当にパニックになりました。
同じ人間なのにこんなにも凶変するのか?この状態が、精神疾患であることは、発病後にわかることも多い病気らしく、残された私は、連れ戻すことも彼女に、強迫症が出る可能性もあるので、できません。
私は、軽い鬱病になり、しばらくは人と接することができなくなりました。
この境界性人格障害者は、一説によると1000万人存在すると言われています。
今は、どんなにきれいでも、どんなに優しくても、その人に一つ失礼なことを尋ねることがあります。
精神疾患はありませんか?本当に優しい人でも、良い人でも特に女性には、その言葉を投げかけます。
私と同じように苦しんでいる人はたくさんいるとネットで知りましたが、どんな女性でもこのような症状に陥り可能性はゼロではないことを皆様に伝えたいです。

愛人は消防士

私は結婚して11年になる36歳の二児の母です。
子供は二人とも男の子で、上の子が小学校4年生、下の子が小学校2年生です。
職業は生命保険の営業をしています。
私の営業所では市役所関係や、ガソリンスタンドなど、様々な事業所に行って、アンケートを取ったり、生命保険や、自動車保険などの勧誘をすることです。
保険に加入してもらうために、お客様の誕生日におめでとうございますのフェイスブックを送ったり、ちょくちょく飲みに行ったりして、結局、私が、県内では、トップセールスです。
一度、全国でもトップセールスになったことがありました。
今現在、全国3位ぐらいなのかな?
全国トップになったときは、社長直々に社長室を出に呼ばれ、ラスベガスの旅行券と、現金5万円をいただきました。
「がんばったな。」と、社長は電話をしながら言ってくれて、そそくさと部屋を出ていったことを今でも覚えています。
さて、今回の私の不倫なのですが、愛人は消防士です。
この消防士の方が、カッコよすぎました。
家族を大事にしていて、保険には入ってくれませんでしたが、貯金も、資産運用もパーフェクトで、年に一度は、ご家族を海外旅行に連れて行ってらっしゃるようです。
彼は27歳。
年下ですが、精神年齢は、そこの署長さんよりも高いんじゃないかな。
きっと偉くなるんだろうなあと感じていました。
彼からある日、電話がかかってきて、ランチに誘われました。ランチを食べて、帰ろうとしたら、彼が私の腿に腰を寄せてきました。

彼のはとても大きく、硬くなっていました。
私は子供たちのことも、夫のこともなにもかも忘れてしまい、彼としてしまいました。
彼とは今もたまにランチに行ったり、飲みにいったりしています。
彼を愛しています。
体が止められません。

愛人契約の金銭的リスクはどれくらい?

最近になって、女性の貧困がメディアで大きく取り上げられるようになりました。賃金は上がらないまま生活費だけが高騰しており、もともと働く女性の環境はきびしいものがありましたが、最近は拍車をかけるように経済状況が悪化しています。
そういう状況の中、今までは夜の街に縁のなかった若い女性たち、特に、世間一般からみて外見がよいと言われる20代の女性たちは、キャバクラやガールズバーで仕事をするようになりました。その中でも、経済的に成功している40代?60代の男性と恋仲となり、生活費を出してもらうといういわゆる「愛人契約」を結ぶ方も増えているのではないでしょうか。
しかしながら、愛人契約の金銭的リスクは相当に高いです。まず、男性が既婚者であった場合、その男性の配偶者から損害賠償請求をされる可能性があります。つまり、婚姻関係を破綻させた原因を取らされるということです。金額的には、だいたい300万円程度は覚悟する必要があるでしょう。
次に、男性との交際が順調に行かなくなった場合、自ら稼ぐ実力がないまま世間に放り出されることです。誰かに養ってもらう状況が長く続くと、現代社会において自ら自立してお金を稼ぐというスキルが身につかないままになってしまいます。
このように、愛人契約の金銭的リスクは相当に高いです。それでも、愛人契約には、これらのリスクを背負ってでもトライする価値があるとも言えます。したがって、お互いにとってニーズがある限り、愛人という存在はこれからも存在し続けるでしょう。

私が結婚より愛人を選んだ理由

40代の経営者です。この年で所帯は持っていませんが愛人は二人います。いずれも愛人バンクを通じて紹介して貰った女性なのですが、年齢は30代中ばと前半で容姿も申し分なくセックスの相性も良いです。

 

愛人を持つということ、それも二人もいるということは収入もそれなりのステータスがあるわけですが、なぜ結婚しないのかと言うと私が好きだった女性に相手にされず結婚できなかったことが原因なのです。

 

私は小さい頃、体が同級生に比べて背が小さく細かったのでいじめのターゲットにされていました。男からもそうですが女子からも罵られたりしていたのです。クラスの皆が私をバカにしていたこともあり、不登校になったこともありました。その悔しさをバネにして将来偉くなって皆を見返してやろうと奮い立ちました。その経験が今の成功に繋がっているのだと思います。

 

時代は流れ大学に入った頃、私には好きな人がいました。同じ学部でゼミが一諸の女の子なのですが、皆に優しく誰にでも声をかける明るい子でした。大人しかった私にも冗談を言ったり肩を叩かれたりフレンドリーに接してくれたことで、それまで女性から優しく声を掛けて貰えなかった私からすれば彼女は天使のように思えたのです。

 

彼女と付き合いたい、結婚したいと思うようになり私は意を決して彼女を呼び出して告白しました。すると彼女は迷った顔を見せしばらく沈黙したのちに「ごめんなさい」と断ったのです。理由を尋ねると友達ならいいけどあなたとは付き合えないとハッキリ言われました。その言葉を聞いたときショックもありますが、自分は女性に嫌われるタイプの人間なのだと悟ったのです。一人の女性に振られたことで恋愛観が思いっきり歪んでしまったのです。

 

それからは女性と恋愛して結婚するという考えを捨ててビジネスで成功してからは愛人バンクを利用することになったのです。金を払って女を抱くというのは煩わしい恋愛の駆け引きをすることなくいい女を抱けるので最高です。虚しさを感じることもありますが、このようなスタイルが私には合っているのだと思っています。

愛人を囲っている訳

私は、一応それなりの金銭的なステータスや、社会的なステータスを獲得した事もあり、それなりのお金もあったと言う事から愛人を囲う事になりました。まあ、不倫と言う事ですが、その不倫に走った理由は単にお金があったとか、会社の社長になったとかそういう事もありますが、もっと深いところに根っこがあるんです。
実は、私の正妻は不感症であり、しかもその上に、赤ちゃんが産めない体なんです。赤ちゃんが産めないのはどうも聞いてみると生まれつきだったそうです。私は今のところ子供を特別欲しいとは思っていません。でもいくら何でももしかしたらいずれは子供が欲しいという時が来るかもしれません。その為に愛人を囲うようなことをすることにしたのです。
更に妻は赤ちゃんが産めない事もさることながら性交の際に不感症であるんです。そうなると妻との夜の営みは妻も苦痛でしょうが、私の方も苦痛だし、気持ちが入らないと言う事があったんです。だから愛人を囲うという考えに至ったのです。普段は貞淑そうな顔をしていて、その行為の真っ最中になったら淫乱になって喘ぎ、もだえるような淫乱な女性が欲しかったんです。それこそが正妻に求めても手に入れる事の出来なかった本当の意味での手にしたかった最高の女性と言う事なのです。隣の部屋まで聞こえてしまうくらいの大きな喘ぎ声で、しかも演技ではなくしている時には濡れまくる様なそんなとてつもない淫乱女ですから尚更いい関係になっています。